WordPressプラグイン「Wiki」を試したいけど見つからない…仕方ないのでダウンロード方法を探ってみた!

WordPressでWiki機能を導入する為には「Wiki」という名前のプラグインが有名で、サイトで紹介されている方も多く見かけますよね!
今になってそのプラグイン「Wiki」を試してみようかとプラグインの新規追加から「Wiki」と検索し、インストールしてみようかと思ったのですが…

 

 

検索しても引っかからない…だと…!?

 

ちょっとちょっとちょっと…!試せないじゃないですか!!
WordPressでWiki機能の導入と言えば「Wiki」だと思ってたのになんてことだ!

 

このままここで諦める訳にもいかないので、どうにか今からでも導入できる方法がないのか調べてみました!

 

 

WordPressのプラグインページに無いならGoogleで探せばいいじゃない

という事で、Google先生にお尋ねします!!
検索ワードは「Wiki」そして、作成者の「WPMU DEV」で検索するのが良いでしょう!

 

という事で、Googleで早速「Wiki WPMU DEV」で検索してみましょう…!!
そしたら「WordPress Wiki Plugin: Create Your Own Wiki – WPMU DEV」という作成者のサイトが見つかるので、きっとここでプラグインが見つかるはずです…!

 

 

さすがGoogle先生、バッチリここです。

 

どうやら「Wiki Lite」と「Wiki Pro」の2種類あるらしい

サイトを読んでいく限り、どうやら「高品質なWikiを運営したい場合は Pro を選んで下さい」という事らしい。
そしてよくよく調べてみると、Lite版のレビュー(英文)を読む限り評判も良くないので、Pro版一択のようでした。

 

「Wiki」プラグインの開発は打ち切られているらしい

「Wiki Pro」についてのページを参照しようとすると「Retiring Our Legacy Plugins」というタイトルのページ…訳すと「レガシープラグインの廃止」というタイトルのページにリダイレクトされます。
読み進めると「we have decided to retire the following plugins」(私たちは次のプラグインを廃止することに決めました)と書かれており、その中に「Wiki Pro」もしっかりと含まれていました…。

 

しかし、サポートは終了しているものの、GitHubのリポジトリで現在も配布されているそうで、GitHubから入手する事が出来るそうです。

 

GitHubから「Wiki」プラグインを入手しよう!

GitHubの「WPMU DEV」ページから、廃止されたプラグインのダウンロードが可能です。
リポジトリの一覧に「Wiki」があるので、そこからプラグイン本体を入手しましょう!

 

プラグインのファイル一覧の右上にある、緑のボタン「Clone or Download」をクリックし、ポップアップから「Download ZIP」をクリックする事で、入手可能です!

 

 

WordPressに「Wiki」プラグインをインストールする

プラグインの新規追加ページを開き、GitHubでダウンロードした「Wiki」プラグインのzipファイルをそのままアップロードする事でプラグインのインストールが可能です。

 

 

インストール後は、通常のプラグインインストール時と同様に有効化するか尋ねられるので、有効化しましょう!

 

これでインストール完了!

これで「Wiki」プラグインのインストールは完了です!
そして、今回の投稿もダウンロード方法についてという事で、ひとまずここまでです!

 

プラグインの設定については、私自身色々と試してみて、また後日に投稿したいと思います!!