WordPressで記事投稿・更新時に自動でツイートしてくれるプラグイン『WP to Twitter』

Twitterで、よく新規記事をお知らせするツイートを見かけますよね?
WordPressで作成したサイトでこれを行う方法についてご紹介します!

 

今回は、WordPressで作成したサイトで記事の公開及び更新を行った際に自動的にTwitterへツイートしてくれるWordpressプラグイン『WP to Twitter』の設定方法について触れていきたいと思います!

 

 

『WP to Twitter』とは

『WP to Twitter』は、WordPressで作成したサイトで記事の公開及び更新を行った際に自動的にTwitterへツイートしてくれるプラグインです。
行いたいことの都合上、Wordpressプラグイン側での設定、Twitter側の設定、URL短縮サービスの設定など、画面を行ったり来たりにはなりますが、一度設定してしまえば、TwitterやURL短縮サービスの仕様が変わらない限り、設定を滅多に変更する必要はありませんので、導入のみ頑張って実施しましょう!

 

『WP to Twitter』の設定方法

ここでは、プラグインのインストール及び有効化以降の設定方法について記述します。

 

Twitterアプリケーションを登録する

『WP to Twitter』の設定画面を開くと、最初に設定方法について触れた画面が出てきますので、内容に沿って設定していきましょう!

 

『WP to Twitter』の設定画面からTwitterアプリケーション登録ページへ移動

『Create an application』ページ必要項目を入力する

「API Key」「Api Secret」の確認、アクセストークンの発行

 

ここまで完了したら『WP to Twitter』の設定画面に戻り、発行した「API Key」「Api Secret」「Access Token」「Access Token Secret」を入力し、連携設定を完了させます。

 

ツイート設定を行う

ツイートのテンプレート設定

 

短縮URL設定(Goo.gl)

「Choose a URL shortener」にGoo.glを選んだ場合に、プラグイン設定画面のタブに「URL Shortener」が表示され、そのページでGoo.gl API Key設定を行うことが出来ます。APIキーの取得は「Google APIs」より認証情報を作成する事で取得出来ます。
また、このタイミングで、左メニューのライブラリから「URL Shortener」が有効になっているかも合わせて確認して下さい。

APIキー作成

APIキー作成時に聞かれる「キー制限」の設定方法

これに関しては『WP to Twitter』で使用する場合、「IP アドレス」を選択し、サーバーのIPアドレスを設定すると良さそうです。
レンタルサーバー等の管理コンソールより、サーバーのIPアドレスを確認の上設定して下さい。

 

その他にも詳細設定で細かな設定が可能です!

ハッシュタグの設定や、投稿の抜粋の文字数設定、日付フォーマットや、Analyticsに関しての設定、ユーザー権限ごとのツイート権限など、細かに設定する事が出来ます。
多くの項目は日本語化されているので、ご確認頂けばイメージは付くかと思います!

 

Twitterアカウントを新規で作成して運用する場合についての備考

Twitterで新規アカウントを作成して運用する場合、ハッシュタグが検索結果に3~4日反映されません!
これに関しては、どうしようもありませんので、気長に待ちましょう!

 

これは別の話ですが、既存アカウントで検索結果に反映されない場合はTwitterの障害情報や、ペナルティを受けていないかご確認下さい。
Twitter 接続/システム障害発生?サービス中断などの問題をリアルタイムでお知らせ | Down Detector
Appeal an account suspension or locked account | Twitterヘルプセンター

 

最後に

今回は、『WP to Twitter』の最低限の設定方法について触れていきました。
短縮URL設定は最低限と言われると難しいところではありますが、長いURLを添付するよりは短いURLで投稿するのがベターでしょう。
今回の紹介では深くは触れませんでしたが、詳細設定では投稿画面のウィジェットの機能なども調整出来るので、一度目を通していくことをオススメします。

 

Twitterに記事の投稿情報をツイートする事で、記事が目につく確率は上がってきますので、是非活用していきましょう!